怪獣三兄弟

子ども4人のうち3人が自閉症児。軽度知的、中度知的、高機能自閉症、日々の子育てや療育について、みなさんと共有できればと思います!

学習について2

前回の続きです


月曜日にABA療育の施設Kの先生と、

学習&運動の療育施設Cの先生、

私で、三男君学習の進め方について

話し合いをしました!



三男君、Kの先生の指示は通ります。

Kでは、きちんと課題も行えます。


しかし、Cの施設では、まったく課題を

やりません。



話し合いの結果…



●Cは集団療育の施設ではありますが、Cの先生の指示が通るよう、

信頼関係を築くために、しばらくは個別療育を行う。



●机の配置場所について、個室の部屋が

ないため、壁側に先生と、三男君の机を合わせて置く



●課題の出し方については、課題は6個

準備する



●三男君が好きそうな課題は、6のうち、2つ用意する



●課題の出し方は、1つ出して、三男君

が嫌がった場合、

「どっちにする?」

と、二者択一で選択させる




●課題を机の上に置いて、あれこれ

指示はしない。

指示は短く出す


★認知力はついてきてるので、短い指示で、大丈夫とのこと




●タイマーや、絵カード、時計などでの指示はしない。6個の課題が終われば

終了だと、口頭での説明をする




●お母さんがいると甘えてしまう為、

分離で行う



●課題は、カゴひとつにまとめ、触られないように工夫する



●課題は、あれこれ出さず、やる課題

1つのみ、机の上に置く



●三男君がイライラしたり、遊びモードに入ってしまった場合は、無視し、待つ



1時間くらで、話し合い終了!



そして次の日、早速、C施設での個別療育スタートです。

C施設は、送迎もあるので、支援学校にむかえに行ってもらい、そのままスタートしました。



3時半にC施設に迎えに行くと先生が、


「お母さん、大成功です🎵

三男君、離席する事なく、

準備した、課題6個、すべて

やる事が出来ました✨」



えー⁉️なんで⁉️

1回目でうまく行ったの⁉️



三男君、お母さんと一緒のときとは、まるで別人のように、指示が入りましたと言われ、少しショック😅



やはり、親が一緒だと甘えてしまうんですね💦




夏休み期間は、他のお子さん達も同じ時間になってしまい、個別は難しいから、休まそうかと、Cの先生にお話しすると、先生からは意外な言葉が



「夏休みもやらせて下さい。良いスタートが出来てるので、流れを止めたくないです!」



嬉しい言葉を頂きました。



三男君の事を考えて下さり

ありがとう😭✨✨✨



集団で学習してる、三男君が見られる日も、近いかも知れません(≧∀≦)