怪獣三兄弟

子ども4人のうち3人が自閉症児。軽度知的、中度知的、高機能自閉症、日々の子育てや療育について、みなさんと共有できればと思います!

6月の授業参観

三男君、支援学校入学して2回目の

授業参観がありました(^。^)


私は2時間目に到着!


2時間目は、カタツムリの塗り絵


しかーし、


三男君、今はお絵かきに夢中

塗り絵をひっくり返し、白紙に

好きな絵を描いてました(笑)



先生は三男君の個性を尊重し、


「塗り絵をする事が、目的ではなくて書く事が目的なので、花マルです🎵」


と、仰ってくれました💕


3時間目、4時間目は音楽


プレイルームに移動して、1学年

全員参加です。


こだわりの強い三男君、プレイルーム

で、3人ほど座れる長椅子ですが、

みんなと座る事を嫌がり…😅


先生が、3男君用の椅子を別に用意

してくれました(๑˃̵ᴗ˂̵)


機嫌よく座りましたが、じっとはできず…



全部、三男君の言う通りにしてしまうと、それは、ただの自己中になってしまいます。



先生方、どのような対応をするのか、見ていると、



根気よく声かけをし、3男君を、輪の中に戻して座らせます。


3男君は、何度も輪から外れてしまいますが、先生も負けずに、声かけしなが、輪に戻します。

繰り返しながら、音楽の授業は終了!



先生ありがとう😊





ほっとかず、熱心に、しかも感情的に

ならずに、しっかりと指導して下さってました✨✨


なかなか難しい事なんです。



よく療育施設などで、子どもの気持ちを尊重してと仰り、見守るだけの施設などもあります。



もちろん、信頼関係ができてないと、なかなか、指示を出すのは難しいと思いますが、信頼関係が築けたら、しっかりと、子どもに教えて欲しいです。


やはり、経験なので、何度も繰り返し

行う事で、今は座る時間なんだと、覚えていく事ができます。




療育とは…

無理強いをしてしまえば、今後の指示

は、まったく入らなくなる。

駆け引きと、線引きが、とても難しいです。





2回目の授業参観、

私自身とても勉強になりまし(≧∀≦)